お店の「のぼり」について思うこと

お店の「のぼり」は店の看板と共に一目で何を伝えたいのかを表さないといけない重要な役割がある。

おすすめリンク

LINK

お店の「のぼり」について思うこと

お店の顔である「看板」となる「お店のぼり」旗。

最近はいたるところではためく「お店のぼり」旗が目に付く。

のぼりキングなどで、のぼり旗を安価で手に入れる事ができるようになったからだろう。

では、そののぼりをどのようにすれば宣伝効果があがるのか。

いかに目立たせ見てもらえるか、道行く人に一目で趣旨が伝わるのかが大切なカギとなる。

1枚の「のぼり」旗でも、大きさ、縦向き、横向き、色使い、表現する言葉、文字の種類、どの場所に立てるかなど検討課題はたくさんある。

「のぼり」旗は、動きのある宣伝物として看板よりも効果があると感じる。

最近は多くの「のぼり」旗が目に付くが、毎日同じ「大売出し」ののぼり旗が毎日立っていても段々効果が薄れていく。

のぼり旗を立てる頻度や立てる期間を限定しないと効果が半減することもある。

「のぼり」旗を立てるだけでなく立て方も考えておくことも必要と感じる。

「のぼり」旗が印象に残り、行動を起こしてもらえる「のぼり」旗を作るには、まだまだ奥が深い。

集客力のある「のぼり」旗を目指して日々「のぼり」旗を道々眺めているところである。

たかが「のぼり」旗・されど「のぼり」旗ですが、素敵な「のぼり」旗を見つけに出掛けたいと思います。

いつかは、自分でデサインした「のぼり」旗を掲げて見たいと日々精進していこうと思います。